2018/10/11

新型iPhoneのカメラは、一眼レフカメラのようなボケや遠近感を擬似的に表現し、魅力的な写真を撮影できる「ポートレートモード」を搭載している。ポートレートモードの上手な使い方と撮れる写真のパターン、苦手なシチュエーションなどを解説する。

ポートレートモードとは?

「ポートレートモード」とは、iPhone 7 Plus、iPhone 8 Plus、iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRに搭載された撮影モードで、背景をぼかして被写体を際立たせた写真を撮ることができる。

ポートレートモード

擬似的に背景をボケさせることで、奥行き感を表現することができるのだ。通常撮影と同じ、標準モード。ナチュラルな写真が撮れる。

iPhone ポートレートモード 自然光

■スタジオ照明被写体の輪郭を強調し、明暗をはっきり表現できる。クールな印象で撮影したい時などに便利だろう。

iPhone ポートレートモード 輪郭強調照明

■ステージ照明上記「ステージ照明」のモノクロ版。白黒になることで、よりドラマティックな画像がつくれる。

iPhone ポートレートモード ステージ照明(モノ)

被写界深度コントロール機能とは?

また、iPhone XS、XS Maxでは新機能として「被写界深度コントロール」が搭載されて話題となっている。これは、背景のボケ具合を撮影後に調整することができる機能だ。

ポートレートモードで撮影した写真を「写真」アプリで開き、右上の「編集」をタップすると、画像の下に被写界深度を調節する以下のようなスライドバーが表示される。

iPhone XS ポートレートモード 深度コントロール
How Professional Quality Cutting Boards Are Made Watch Out You May Learn Something

ここを左右にスワイプすることによって、自分の好みの深度でボケ具合を調整することができる。

iPhone XS ポートレートモード 被写界深度コントロール
DIY Maple and Walnut chopping board
How to Make an End Grain Cutting Board with Tom McLaughlin, Part 1

こちら、iPhone XSのポートレートモードで撮影した写真。背景のボケ味も適度で自然な仕上がりだ。

iPhone XS ポートレートモード 被写界深度コントロール
WOODWORKING Making a cutting board.

コントロールバーを左右にスライドさせると、左写真では背景ボケがなくなり、右写真では背景ボケがMAXになる。撮ったままのボケ方が気になる場合は、自分で調節してみよう。

ポートレートモードの苦手な被写体やシチュエーションは?

■輪郭線が複雑な「植物」や「雲」など光を反射するものは境界線が曖昧になり、輪郭が背景と一体化してボケが不自然になってしまう。ミラーやよく磨かれたガラス、石やプラスチックでできた光沢感のあるオブジェ、腕時計などがこれに該当するだろう。

iPhone ポートレートモード 苦手な被写体

■「風景」や「部屋」などの広い範囲

iPhone ポートレートモード 苦手な被写体

■「暗い場所」

iPhone ポートレートモード 苦手な被写体

いつでもどこでも持ち歩いているスマホで、撮りたいと思ったときにサッと印象的な写真が撮れるのは嬉しい。搭載モデルをお持ちの人は、ぜひ活用して欲しい。

文:鈴木雅矩(スズキガク)

Cutting Board 3D Effect (Chevron)

The Best Way To Use Old Wood // The Perfect Wood Recycling Project

この記事の評価をお願いします

  • Woodturning - Mind Blowing Results With Scrap Plywood
  • Optical Illusion Cutting Board - How I Made It || Woodworking

ご回答ありがとうございました。 ※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。